公共交通機関を駆使してマルセイユ観光

2019年12月 武漢ウイルス、通称COVID-19が中国 武漢で発生。
2020年3月17日 フランスでロックダウン(都市封鎖、生活必需品や仕事以外の目的での外出禁止)開始、シェンゲン協定で定められた国境(一部例外を除くヨーロッパ)封鎖。

5月11日 ロックダウン解除 第1段階。100kmまでの外出は自由、これを超える移動は仕事や緊急性を伴う家族都合限定。店は営業を再開、レストラン、カフェは客席での飲食は禁止されたままで、テイクアウトやデリバリーによる販売のみ許可。

6月2日 ロックダウン完全解除。フランス国内の移動、レストラン、カフェでの飲食が可能に。ソーシャル・ディスタンスを確保するため屋内の座席数が減っており、そのためパリでは歩道を隔てた駐車スペースにテーブルを置いてテラスにしているレストランが増加。

その後近隣諸国への移動も自由となり、6月29日現在シェンゲン協定で定められた国境の範囲内で移動が自由になっています。残念ながら日本⇄フランスの移動は互いの国で不可の状態です。店内やメトロ・バス等の交通機関ではマスク着用が義務。

公共交通機関が全て乗り放題になる72時間XLパス(24時間もあり)あるいはシティ・パスは、マルセイユ 観光に欠かせない必需品です。街に着いたらすぐに地下鉄の窓口で購入しましょう(XLパスはトラム停留所の券売機でも購入可能)。

XLパスとシティ・パスのどちらがお得か「CityPassはお得?(検証)」の記事で検証してありますので、どうぞご参考に。

メトロ・トラム・バスが乗り放題なので、とりあえず一周して街の全体像を把握すると良いと思います。あるいはまだ日が高ければ、その都度降りて観光してしまっても良いですね。

トラムやバスに乗る時は毎回パスを検札機にアタッチして(かざして)くださいね。

1. トラム2号線でレフォルメ教会、そしてロンシャン公園へ

ヴィユ・ポールからカヌビエール通りを少し上った所にトラム2号線(先頭車両上部に黄色のランプ)の停留所があります。そこで2号線に乗って行くと、カヌビエールの突き当たりに美しいレフォルメ教会あります

正面を通り過ぎると、広場を周って更に坂道を登って行きます。突き当たりに壮麗な噴水・建造物のある公園があり、これがかつて街の水不足を解消するために設置されたロンシャン公園 Parc Longchampsです。見事な噴水が柵越しに見えるかと思います。

ロンシャン宮、左の一翼が美術館、右は自然史博物館

CityPassがあれば美術館も博物館も無料で入れます。建物は内部も格調高い様式なので展示物と合わせて見学する価値があります。

そこを曲がるとフォッシュ元帥通りAvenue du Maréchal Fochを一直線に進み、終点ラ・ブランカルド停留所 La Blancardeに着きます。

2. トラム1号線で終点ノアイユ駅へ

ここで道を渡ってトラム1番線に乗り換えます。今度は坂道を下りて行きます。最後の方は地下に潜り込んでノアイユ駅に到着します。メトロ2番線(メトロ路線図上では赤い線で示される)と接続しています。(地上に出るとカヌビエール通りとアテネ通りが交差するあたりに出ます。)

3. メトロ2番線でカンティーニ噴水へ

メトロ2番線でサント・マルグリット・ドローメルSainte-Margurite Dromel行きに乗ります。2駅目のカステラーヌ駅 Castellaneで下車。彫刻の施された噴水を中心とした円形交差点に出ます。

Fontaine Cantini
泉、奔流、ローヌ河、地中海、マルセイユをモチーフとしたカンティーニ噴水

マルセイユで最も美しいと言われるカンティーニ噴水 Fontaine Cantiniです。周囲には椰子の木が植えられており、なかなかの雰囲気が醸し出されています。

4. トラム3号線でジョリエットまで街を横断

このカステラーヌ円形交差点がトラム3番線(先頭車両上部には緑色のランプ)の始点です。ここから終点近くのジョリエット停留所 Jolietteまでマルセイユの中心部を横切って行きます。

ジョリエット停留所で下車したら、2013年にオープンした2つのショッピング・センターがあるので、ざっと歩いてみると良いかもしれません。食事処もあります。ドック・ヴィラージュ Docks Village は斬新、クリエイティブな商品を扱ったブティックが多いようです。テラス・デュ・ポール Terrasse du Port は、アップルやスターバックス、オクシタンやクスミ・ティー等 有名でトレンディーなお店が多いようです。

ショッピング・センター「テラス・デュ・ポール」のテラス

後者のデパートは名前の通り、海側が港に面したテラスになっています。ここから眺める夕日が実に美しいので、是非テラスに出てみて下さいね。

お昼時なら、ダロワイヨかその横のロワ・ルネのテラスで、海を見ながら食事して素敵なひと時を過ごすのも良いですね。ロワ・ルネはマルセイユの高級レストランの1つで貝の盛り合わせや魚料理がメインになります。

5. 再びトラムに乗ってヴィユ・ポールに戻る

デパートを見終わったらヴィユ・ポールに戻ります。トラム2号線でも3号線でも構いません。ベルサンス・アルカザールBelsunce Alcazarという停留所(カヌビエール通りの手前)で下車します。

6. 徒歩でエクス門へ

エクサンプロバンス方面に通ずるエクス門

ここクール・ベルサンス通りからエクス門=凱旋門が見えると思います。徒歩で4分くらい、マルセイユ観光で必見スポットの1つです。

下の記事ではエクス門のモチーフを詳しく説明してあるので下準備で一読しておくと良いかもしれません。

7. バス83番線

また別の日でもいいのですが、旧港ベルジェ埠頭のバス停留所から83番のバスに乗ってプラド・ビーチ Plage Pradoに行ってみるのも良いですね。

ダヴィデ像の立っているプラージュ停留所 La Plage(プラージュはビーチの意)まで海岸線を通り、車窓からはとても綺麗な景観が望めます。

特にビーチに行くのでなければ、このプラージュ停留所で降りずに終点のロンポワン・デュ・プラドRond-Point du Prado(プラド円形交差点)まで行っても良いです。

ロンプワン・デュ・プラドではメトロ2番線に乗ってカステラーヌへ、そこからメトロ1番線かトラム3番線に乗り換えればヴィユ・ポールに戻ることができます。

あとがき

如何でしたでしょうか? マルセイユの街、トラム・メトロ・バスを駆使して観光名所の全てに行けますね。

他にも観光名所をぐるぐる周るカラーバスColörBusに乗るという選択肢もあります。カラーバスについては以下のサイトで説明してあります。

ホテル予約はBooking.comが便利で、僕は毎回これを使っています。