サルデーニャ への行き方

日本からの直行便はないので欧州主要都市にアクセス、そこから飛行機または船に乗り換えてサルデーニャに行くことになります。

滞在目的地から到着地を選ぶ

サルデーニャには3つの空港があり、滞在目的地にアクセスしやすい空港を選んでルートを選ぶのが最適な方法です。

オルビア空港:島の北東部、スメラルダ海岸、カーラ・ヴォルペ、サンタ・テレザ、パラウ、カーラゴノネ

アルゲーロ空港:島の西部、アルゲーロ、スティンティーノ(ペロザ・ビーチ)、ボーザ

カリアリ空港:島の南部(東南、西南含む):カリアリ、ヴィラシミウス、トルトリ、プーラ、キア、オリスタノ

オルビアはサルデーニャ第2の街とはいえ、観光客が集まるのはレストランやカフェが並ぶ目抜き通りとその周辺に限られているので、こじんまりとした印象を受けます。またスメラルダ海岸へ行く富裕層の人達がここを経由していくだけあって洒落た雰囲気が漂っています。島の東北パラウからフェリーでマッダレーナ列島に行くこともできます。

アルゲーロは西海岸に位置しネットゥーノ洞窟や旧市街、湾沿いの美しいビーチと魅力的な街です。またサルデーニャで美しいビーチ5選の中に入るペロザ・ビーチ Spiaggia Pelosa、「イタリアで最も美しい村」の1つとして登録されているボーザ Bosa に行く拠点としても便利な立地です。

カリアリは言わずと知れたサルデーニャの首都で、島の南側に滞在するのならここの空港着の便に乗ると便利です。南東のヴィラシミウスVillassimiusは特に美しいビーチで有名です(この名称の街もありますが、半島全体をヴィラシミウスと呼ぶのでBooking.com等で宿を探す時は「ヴィラシミウス」と入力して検索、海沿いのホテルを予約すると良いです)。


空路 〜 航空会社とルート

経由地航空会社経由地空港サルデーニャの空港便数
ローマBlue Air(ルーマニア系LCC)ローマ空港フェルティリア空港(アルゲーロ)毎日3便
2017年12月よりアリタリア航空とのコードシェア便があり、アリタリア航空で一括で予約でき乗り継ぎも1時間半〜2時間半で、日本からはこの便で行くのが最も便利。
ローマAir Italy(旧Meridiana航空、2018年2月に改称)ローマ空港オルビア空港毎日3便
「日本〜欧州主要都市」をマイレージや予算関係上アリタリア以外の航空会社を利用したい場合。
フランクフルトRyan Airフランクフルト・ハーン空港フェルティリア空港(アルゲーロ)週2便
フランクフルト国際空港とは異なることに注意。この2つの空港は120km以上離れており、直行シャトルバスで90分以上かかるので、乗り継ぎには適しません。
日本からフランクフルトまで安い航空券が買える、ついでにフランクフルトを観光して、という場合に。
フランクフルトAir Berlinフランクフルトオルビア空港
2017年8月に倒産。
パリTransavia(エールフランス系列のLCC)オルリー空港(南ゲート)オルビア空港週3便
日本からの国際便はパリ北部のシャルル・ドゴール空港に着くので、当日乗り継ぐのであればAir Franceが運航しているシャトルバス「Le Bus Direct」に乗ってオルリー空港に移動する必要あり*。
パリEasyJetオルリー空港(南ゲート)オルビア空港週2便
同上。


* このバスは30分おきに発車するので待ち時間は少ないとしても、オルリー空港まで80分ほどかかります。出発の2時間前にはチェックインしなければならない等 乗り継いで行くにはあまり使い勝手がよくないかもしれません。
日本からの飛行機が遅れて到着したら等 心配であれば、いっそパリ市内かオルリー空港周辺で一泊し、翌日サルデーニャ に発つのをお勧め。


海路 〜 フェリー会社とルート

経由地フェリー会社経由地の港サルデーニャの港
ローマティレニア社チヴィタヴェッキア港オルビア港
ローマからチヴィタヴェッキア港まで車・電車で1時間ほど。
ローマティレニア社チヴィタヴェッキア港アルバタクス港(夏季)
同上。
ローマティレニア社チヴィタヴェッキア港カリャーリ港
同上。
パリ/マルセイユ ラ・メリディオナーレ社マルセイユ港ポルト・トッレス港(島の北西部)
パリからTGVで3時間ほど。マルセイユ・サンシャルル駅からはタクシー(約20€)か公共交通機関(メトロ2番線+バス35番)で移動。料金重視ならトゥーロン発の方が良い(半額以下)。
パリ/トゥーロンコルシカ・フェリー社トゥーロン港ポルト・トッレス港(島の北西部)またはゴルフォ・アランチ港
パリからSNCFで5時間ほど。トゥーロン駅からトゥーロン港へはタクシーで。
パリ/ニースコルシカ・フェリー社ニース港ポルト・トッレス港(島の北西部)またはゴルフォ・アランチ港
パリからSNCFで5時間ほど。ニース〜ゴルフォ・アランチ便は週に1度(日曜)。

これまでフランスからサルデーニャで車で行く場合、コルシカ経由が定番コースでした。
トゥーロン
 ↓ コルシカ・フェリー
バスチア(コルシカ北部)あるいはアジャッチオ(コルシカ西部)
 ↓(車で移動)
ボニファチオ(コルシカ南部)
 ↓ コルシカ・フェリー
サンタ・テレザ(サルデーニャ北部)

サンタ・テレザは、大陸からの旅行者が多く訪れるだけあって洒落た雰囲気の街です。

このルートも健在ですが、最近トゥーロンやニースから直接サルデーニャに着く便ができました。コルシカで移動してホテルに一泊する代わりに、船内で一泊(ホテルのような部屋)に泊まる訳ですね。

取り立てて見るべきもののないポルト・トッレスゴルフォ・アランチも徐々に発展していくかもしれません。

ポルト・トッレスからは1日観光で船で、自然が保護されているアシナラ国立公園に行くことができます。他には特に見るべきものはないので、ペロザ・ビーチのあるスティンティノや、アルゲーロに移動して滞在すると良いかもしれません。

地中海を船で旅したいのであれば、サルデーニャを行程に含むクルーズ(Costa、MSC等)に参加するのも良いアイディアです。ただ朝 港に着いてから街を見学し夕方には船に戻ることになるので、寄港地(サルデーニャだとカリアリやオルビア)の観光に留まります。サルデーニャの美しいビーチでゆったり時を過ごすのには向いていないかもしれません。

勿論クルーズの良さは日中の観光だけでなく、船内での食事や観劇、オープンエアのプールやジャクジー等 総合的に楽しめる所にありますが。


旅行のヒント

早めに予約をする

欧州では有給の予定を1〜3月に会社に伝えることが多く、すぐに行き先を決めてハイシーズン6〜9月の予定を建て始めます。5〜6ヶ月前に休暇日程を確定してしまう訳ですね。インタネットの時代ですから仕事の後や週末にはパソコンを叩いて安いチケットや希望条件にあったホテルを探し始めます。

なので我々日本人も早めに予約していかないと高いチケットや条件の合わないホテルだけしか残っていない状況になりかねません。出発の5〜6ヶ月前が望ましいですが、遅くとも3〜4ヶ月前には交通、宿泊の予約を入れておくべきです。

具体例を挙げると東京からのアルゲーロのフェルティリア空港(空港コードAHO)までのフライトを4〜5ヶ月の余裕をもって調べると、往復ともローマで1.5〜2時間くらいの理想的な乗継時間で17〜18万円くらいのものが見つかる筈です。目的地まで14〜15時間で着きます。これが売り切れてしまうと、4〜5時間も空港で待たなければならない便とか高い席しか残っていないようなことになってしまいます。

ホテルの方も早めに探せば、街の中心でコスパの良い宿や、レンタカーを借りて旅行する場合駐車場つきで便利な立地のホテルを予約できると思います。ギリギリに予約するということは他の人たちが選ばなかった売れ残りに甘んじるということです。

レンタカーを借りる場合

レンタカーを借りる場合はホテルの詳細を見て駐車場のある宿を取ることを忘れずに。

どうしても見つからない場合は路上駐車という手もあります。20時から朝8時まで、あるいは日曜は無料というところが多いので、標識や料金メーターでどの時間帯が無料なのか確認する必要があります。駐車スペースによって条件が異なります。またみんな無料で駐車することを狙って無料時間帯になると駐車スペースを探し始めますから追加料金を払ってでも(30分として1〜2ユーロ位の話)その少し前に停めてしまうのが気分的に楽かもしれないですね。

こういったことを気に留めなくて済むよう駐車場付きのホテルを予約してしまうのがベストです。

以下の手順で旅行の準備を進めると良いです。

1. 予約する航空券の目星を付けておく

飛行機は予約変更や取消が不可となるので慎重に行ってくださいね。クレジットカードで支払えば仕事や病気の都合でキャンセルすることができる場合もあるので、加入しているクレジットカード付帯の旅行保険の条件を確認しておくと良いです。

料金と行程(空港)をまずは確認(この時点で予約はしない)。

2. ホテルを予約していく

次にホテルを探して予約していけば良いです。Bookinng.Com等のホテル予約サイトで探せば取消・変更可能なホテルがたくさんあるし、明確に記載されているので、こういうホテルをさっさと予約してしまいましょう。

もっと良いところが見つかったらキャンセルすれば良いのです。4〜5ヶ月先ですから取消・変更不可のところは選ばない方が良いと思います。

下のBooking.com検索エンジンではアルゲーロのホテルが表示されています。右下の「Booking.com」ロゴをクリックすると別タブでBooking.comの検索ページが表示されます。

「目的地」にオルビアとかヴィラシミウス等 入力するとその土地のマップが表示されます。

駐車場付きのホテルだけを表示させることもできます。Booking.comでホテルのリストが表示されている画面で「絞り込み」をタップ、「施設・設備」の項目で(さらに表示」をタップ、「無料駐車場」と「駐車場」を選択すれば良いです。

Booking.com

3. 航空券を購入

休暇中の仕事分担など同僚と了解を得て、休暇申請を済ませたら、最初にチェックしたフライトの予約、これで旅行の枠組みは整いました。後は出発の日を待つのみです。ゆっくり旅に持って行くものや現地でのグルメ情報などを調べるなどすれば良いですね。