ホクロを自宅で除去する方法 〜 ホクロの悩みはこれで一気に解決

ホクロの1つや2つ、どうってことないじゃんと以前は思っていました。でも日光を浴びることが好きで、旅行のデスティネーションも陽光がふんだんに注ぐような場所を選び、ビーチでもカフェテラスでも日光浴、というような生活スタイルを続けている内に…。

いつの間にか顔にも体にもたくさんのホクロができていました。おまけに目尻には半円を描いて4つのホクロ、鼻翼には3つのホクロが一直線、等間隔に並んでいるという。点在しているならまだしも、幾何学状にホクロができているのに気がついた時は参りました。傍目から見てなんだコイツと思われること間違いなし。

どうにかしなければと本気で解決方法を調べていると、シミやホクロについては悩んでいる日本人が多いことに気がつきました。美容外科で手術するのが王道でリスクも少ないのですが、ホクロ一つ除去するのに5500円ほどもするようです。10個で5万5000円ですね!多くの人は自宅で直せる方法を模索しています。

で、ほとんど全てのホクロを自分で除去した今となっては、顔にホクロがある人を見る度なんで消そうとしないんだろうとか、そんな時間をかけなくてもすぐに消せるのに、と思うようになりました。このブログを読んでくださっている方は自分と同じく海や太陽が好きに違いない、自分と同じようにホクロ(やシミ)で悩んでいるに違いない、ということで解決法をお教えしたいと思う次第です。

カソーダ湿布

カソーダとはCastor oil(ヒマシ油)のCaと、bicarbonate soda(重曹、炭酸水素ナトリウム)のsodaをとって命名されたアメリカ発の商品で、現在では日本のネット販売でも簡単に入手できるようになりました。

これをホクロの上に塗っておくと、ほくろの黒さがだんだん濃くなっていき(ホクロが皮膚表面に来ている)、2〜3週間ほどでかさぶたになってホクロごとポロッと取れます。

浸透をよくするため塗る前に、爪楊枝等で軽く突いておくことを勧める人もいます。

ヒマシ油は薬局で買えますし、重曹はスーパーで売っていますから自分で調合することもできます。重曹は食品用と清掃用とあり、体内に入るものなので自分は食品売り場に置いてあるのを使用しました。ヒマシ油と重曹を1:1くらいの割合で混ぜ、クリーム状になれば(油が滴らない位になれば)OKです。

湿布と言っても絆創膏(バンドエード)を使えば簡単です。お風呂に入ったりシャワーを浴びるとビショビショになるので毎回新しいものに取り替え、新しくカソーダをホクロ(やシミ)の上に乗せてから貼るようにすれば良いでしょう。

台所にあるサランラップを使う方法もあります。良い具合に肌に張り付いてくれます。ガーゼあるいはキッチンペーパーにカソーダを含ませホクロ(やシミ)に当て、上からサランラップを被せればOKです。数日にわたって、それこそホクロが取れるまで同じものを使っても大丈夫なので、低コストという利点もあります。カソーダあるいはヒマシ油を適宜追加すれば良いです。

ただし夜寝ている時にそのままにしていると、必ずと言っていいほどラップが剥がれてしまい、シーツに油がついてしまう難点があります。本当は夜も肌に油を染み込ませるのが効果的なのですが。足や腕であればぐるぐる巻きにするという方法もありますね。

湿布によるこの方法、シミにもよく効きます

注意点:
普通の肌が赤くなるようならヒマシ油のみに切り替える。
絆創膏は顔には貼らない。剥がした後、「糊」が肌に付着しその部分だけ日焼けせず跡が残ってしまうので。
かさぶたは自然に剥がれるまで無理に剥がさない。そうしないと色素が残ってしまう。
かさぶたが取れた後は赤ちゃんのような敏感肌になっているので、絶対に直射日光には当てない、日焼け止めを塗る等のケアが必要。

ヒマシ油をホクロに塗って擦る

これは自分で編み出した方法で、多分インターネットを探してもこれを紹介した記事はないと思います。経験者として自信をもって紹介することができます。

ヒマシ油のみをホクロに塗り、1〜2時間ほど、前後あるいは円を描くように指でひたすら擦り続けます。油は適宜追加。摩擦熱で油が肌に浸透しやすくなると思われるので、暖房器具の前で行うと更に効果的かもしれません。これを数日続けると、擦っている内にホクロがポロッと取れます。

またホクロが浮かび上がってきて皮膚の外に出るようになるのをイメージして行います。徐々に黒さが増し、少し浮き上がってくれば効果が出始めている証拠。油を塗って擦り続ければホクロは取れます。取れるかな、と時々爪で軽く引っ掻いても良いですね(強く引っ掻くのはNG)。

僕はこれで3つのホクロを取りました。初めからはっきりした黒いホクロの場合に効果があるようです。薄いホクロは取れませんでした。もっと時間をかければ取れるかもしれませんが。

ヒマシ油は85%以上がリシノール酸という成分でできている特殊な油です。ホクロ・シミ除去の他にも睫毛や髪の栄養補給になります。目を綺麗にするため古代エジプトのクレオパトラも愛用していたようです。

中世ヨーロッパでは「キリストの手」とも呼ばれた程の万能薬で、肌荒れや内臓の調子が悪い等不調がある場合に塗ってみるのもありですね(1回だけでなく数日にわたって)。1本持っておくと重宝します。

ひょっとすると擦らなくても熱を充てるだけでも効果があるかもしれません。ホットマットを上に乗せる方法があります。丁度良い商品が見つかったので紹介しておきますね。これは冷えた足や腰を温めたい時とかにも使えるので1つ持っておいても良いかもしれません。

ガーゼあるいはキッチンペーパーにヒマシ油を含ませてホクロの位置に置き、ベタつかないようサランラップで覆います。その上からホットマットを当て、タオルを巻くかTシャツを着るなどすれば良いです。

留意点:
機械的に擦っていてもホクロは取れなかったので、上記のようにホクロが浮かび上がってくるのをイメージしながら擦る(またはホットマットをあてる)のが大切なようです。

プラズマ・ペンで除去

ペン先からプラズマが放出される機器を使います。プラズマをホクロに照射して焼いてしまうという方法です。肌が焼ける匂いもします。

照射ごとに消毒液を含ませたガーゼで毎回拭き取り、黒い部分がなくなるようにします。照射した部分は数時間後から翌日にかけて赤くなり、その後はかさぶたができます。約1週間でかさぶたが取れると新しい皮膚が再生しています。

プラズマペン、以前は日本のAMAZONで普通に購入できていたのですが、今日(09/01/2021)探したところ商品は見当たりませんでした。この記事でリンクを貼っても売り切れではなく商品販売自体がなくなってしまいます。入手困難になってきているかもしれないので見つけたらすぐ購入してしまうのが良いかもしれません。

機器には強弱3段階のものと1〜9までの9段階のものがあります。僕は9段階の物を使用しました。普通のホクロには5や6が良いと思います。拭き取って黒い部分がなくなれば良いです。残る場合は3〜4に落として照射。拭き取る場合は1方向だけでなく、左から右、右から左、手前から先へという具合に方向を変えると良いです。

バチッ、バチッ、と照射する毎に「輪ゴムで弾いた」ような痛みがありますが、これは美容外科で施療を受けても同じですよね。自分で行う方が気持ちの準備ができるという利点があります。少し中断して一息ついてから再開するとか、紫外線を避けて雨続き、曇り続きの週に、よし今週はホクロ除去を行おう、と自分で決めることもできます。

何より費用面でお得ですよね。美容外科だとホクロ1つにつき5500円程かかるのに対し、プラズマペンなら1回購入してしまえばいくらでも取り放題ですから。

注意点:
照射する前に消毒液を含ませたガーゼでホクロ部分およびペン先を拭く。
真上から照射する。
照射した後はバイ菌が入らないようケア(傷回復が早まるクリームを塗ると良い)。
特にかさぶたができる前、および剥がれた後は直射日光を当てないようにするケアが必要(日焼け止めを塗る)。
自己責任で使用。
JISやCE(欧州で採用されている規格)の安全基準をクリアした商品を使用すること。

手っ取り早く綺麗にホクロを除去するには、これが一番です。僕はこれで身体中のホクロ大小含め100個以上取りました。跡も残らず綺麗に取れました。

胸やお腹は服に隠れているのでいつでもできますね。顔や首筋など周囲から見える部位は仕事を1週間休んで行えばいいかもしれません。紫外線にはくれぐれも用心してください。

またイボにも効果があります。首筋や脇にできる小さいイボも真上から照射してすぐに消せます。照射した後消毒液を含ませたガーゼで拭き取るだけです。

ペンのように先が尖った機器なのでシミに照射するのにはあまり向いていないかもしれません。強度3位にして取ったものもありますが、取れなかった(瘡蓋が取れた後もシミが残った)場合もあるので留意する必要があります。


まとめ

カソーダ湿布、ヒマシ油を擦りつける方法、プラズマ・ペン、全て自分で試して効果があった方法をご紹介しました。

プラズマ・ペンは本当に驚異的でした。こんなに簡単にホクロが消せるなんて思ってもみなかったので。使用後2年経過しましたが、全く問題はなく大満足です。ただしあくまで自己責任で行うことになります。