フランス

2021年10月現在、フランスにおけるコロナ危険度指標において、日本はグリーン、すなわちある程度信頼のおける国となっています。このため、2度のワクチンを摂取していれば入国することはできるし、フランス大使館に申請することにより得られるワクチン・パスポートがあれば、支障なく観光も食事もできます

ただし、日本側ではまだまだ規制が厳しく日本入国(帰国)後3日間は指定ホテルに待機、そこに行くのも公共交通機関の利用禁止、その後は14日間自宅待機と定められています。

ワクチン接種済みであれば3日間の指定ホテル滞在は免除、また9日目に自費でPCR検査を行い陰性であれば自宅待機は10日に短縮されるものの、この検査及び証明書発行費用に2万5千円〜3万円かかるのが現状です。事実上フランス旅行は難しいと言えるでしょう。

欧州でもいち早く中央集権化がなされたフランスとは言え、それぞれの地方は独特の魅力を残しており、こうした地方色が国全体を豊かにしているようです。

外国人に好奇心を持って接する開かれた国民性、多彩で洗練された料理、温暖な気候。一度行ったらリピーターになる人が多いのも肯けます。

フランスは世界で最も観光客が集まる国で、2018年には記録更新の8900万人以上の外国人観光客が訪れました。

2017年の統計ではフランス8700万人、スペイン8200万人、アメリカ7600万人、中国6100万人、イタリア5800万人、イギリス3700万人。そして日本への訪日外国人数は、2013年に1000万人だったのが年々順調に増加し、2018年には3100万人に達しました。

このフランスの項目では、地域別にブログを構成しています。

パリ&近郊

 → パリ市内、ヴェルサイユ、シャルルドゴール空港、等


ブルターニュ地方

 → レンヌまでTGVで約2時間

サン・マロ

フジェール


プロヴァンス地方

→ マルセイユ までTGVで約3時間


コート・ダジュール地方

 → ニースまでTGVで約5時間